満月紀行

備忘録

OpenWRT で MAP-E によるインターネット

2ch (5ch?) で OpenWRT は MAP-E の接続実績があると書かれていたので やりました。 例によって理解できていませんし、なんか目を離した隙に IPv4 でつながり始めたのでなにか間違っているのかもしれません。

これは実話であり、公式記録、掲示板、先駆者の証言を元に構成しています。

前提条件

  • OpenWRT をルータにインストールしている

  • SSH でルータに接続できる

  • PPPoE などで既にインターネットに接続している

OpenWRT に必要なパッケージをインストールする

opkg update
opkg install map-t

マップルールを記述する

マップルールを書くためには IPv6 プレフィックスが必要です。 ISP の会員情報的なところに書いてあると思います。

自分の IPv6 プレフィックスがわかったら、 /etc/config/network にマップルールを書きます。 下記は一例です*1*2

vi /etc/config/network
config interface 'wan6'
    option ifname 'eth0'
    option proto 'dhcpv6'
    option ip6prefix hogehoge

config interface 'wan6_map'
    option proto 'map'
    option type 'map-e'
    option tunlink 'wan6'
    option peeraddr '2404:9200:225:100::64'
    option ipaddr 'hugahuga'
    option ip4prefixlen '15'
    option ip6prefix 'hoge'
    option ip6prefixlen '31'
    option ealen '25'
    option psidlen '8'
    option offset '4'

ここで IPv6 プレフィックスに対応する IPv4 プレフィックス を調べる必要があります。 ipaddrの部分ですね。

http://ipv4.web.fc2.com/map-e.html

このサイトで調べることができます。便利ですね。

あるいは、以下の表*3*4を見てください。

IPv6 プレフィックス IPv4 プレフィックス
240b:0010::/31 106.72.0.0/16
240b:0012::/32 14.8.0.0/16
240b:0013::/32 14.9.0.0/16
240b:0250::/32 14.10.0.0/16
240b:0251::/32 14.11.0.0/16
240b:0252::/32 14.12.0.0/16
240b:0253::/32 14.13.0.0/16

次にvi /lib/netifd/proto/map.shしてexport LEGACY=1をアンコメント。

DHCPv6 の設定

このあたりをご覧ください ( 丸投げ ) 。

フレッツ光 + OpenWrt で IPv6 を使う : あかぎメモ

OpenWrtでIPv6 IPoEを使う - hirokon0521の日記

開通チェック

IPv6 で通信しているか確かめる方法はいくつかありますが、 JPNE のこれが細かくていいです。

IPv4/IPv6接続判定ツール

所感

ここまで書いといてアレですがよくわかんないです。 説明省いたのもあります。

上記の開通チェックは All-OK になりましたが暫く経つと 3 以降ダメになるし……。

おとなしく v6 プラス対応を謳っているルータを買うことにします。

詳しい人の解説記事待ってます。

追記 ( 2018.05.23 )

はてなブログ内でこの記事にリンクを貼られると、それがわかる機能があるんですね。初めて知りました。 この記事を見てやってみてる方がいるようですが、これは私自身知識もなく理解もしてないままの作業記録です。

この記事を見て実用するのはやめておいたほうがいいでしょう。 特にセキュリティ面に不安が残ります。 仮想サーバを建てて試してみるくらいにしておきましょう。私は責任をとりません。

参考